住宅ローン金利変動金利は半年ごと

住宅ローン金利の変動金利の金利が変わる時期は半年に一回です。
しかし返済額の変更があるのは5年に1回なので直ぐに変わることはありません。
しかし、金利が変わっている事実は変わりませんので、その超過分の金利は蓄積することになり、5年後に返済額が変わるときにプラスされます。
さらに急激に金利が上がった場合は最大1.25倍までしか返済額は変わりませんが、その額て切り捨てになるわけではなく次回の返済額の改定まで残ることになります。
従って半年に一回住宅ローン金利が上がるときにしっかり意識しておくことが必要です。
万が一想像以上に金利が上がってしまった場合は、親などから金利を払って借り入れすることなど緊急対応をすることも視野に入れた方が良いと思います。
http://www.jutakuloan-ochita.com/