体脂肪が燃焼するメカニズムとは?

体脂肪が燃焼する仕組みは、運動などで体温が上昇することから始まります。
体温が上がると血糖値が下降しますが、下がった血糖値を調整するためにグルカゴンという成分の分泌が行われます。
体脂肪をグリセリンと脂肪酸に分ける分解酵素リパーゼも、多く作られるようになります。
体脂肪から作られた脂肪酸は血液に移動し、燃焼されてエネルギーになります。
血液に溶けこんだ脂肪酸は体のさまざまな場所にある筋肉に届けられ、筋肉を動かすためのエネルギー源として燃焼されます。
体脂肪が燃焼する仕組みの中でのポイントは、体温の上昇と血糖値の低下にあります。
運動などで体温を上げたり、おなかをすかして、血糖値を下げることで体脂肪が燃焼する仕組みとなっています。
体内に蓄積させている脂肪を1㎏分燃焼させるには、7,000kcalを消費しなければなりません。
理論上では、ダイエットで1㎏の減量を果たしたければ運動量でいえば、7000kcal分、食事は7000kcal減らさなければならないといえます。
実際にやってみたとしても、体脂肪の燃焼に成功し目標体重に到達するまでには、相当な期日がかかるものです。
短い期間でダイエットを成功させるには、効果的な方法で体脂肪を燃焼させることが大事です。
健康を害さない為にも、無理せずゆっくりと体脂肪を燃焼できるようにダイエットを実践することが大切です。
http://www.kateiyou-cavitation.com/